三重県紀北町から干物・鮮魚・野菜類・郷土寿司などを全国へ発送!! 旬の食材・地域資源を活用したオリジナル商品やコラボレーション商品も販売しています。

国産さつまいものと糀の天然甘味飲料、女性や子供に大人気|さつまいも甘こうじ250g|河村糀屋


河村糀屋のこだわりと職人


三代目・河村幸信三重紀北町で糀製品を作り続けて70余年。創業1946年・河村糀屋(かわむらこうじや)。現在、代を継いでいるのが三代目・河村幸信(かわむらゆきのぶ)。

糀へのこだわりは、すべて手作りの糀蓋(こうじぶた)製法で作り、高度な技術と機械に頼らない経験。

何度も品温・室温を徹底管理し出来あがった糀は、機械で作るものよりも味わい深く多くの方が魅了されています。


糀は女性の味方?


1)コウジ酸の美白効果
糀や酒粕は、美白成分のコウジ酸も豊富。
コウジ酸は、シミの原因になる黒い色素のメラニンの成分を高めるチロシナーゼという酵素の働きをおさえるため、過剰なメラニン成分を抑えシミやくすみを防ぐといわれています。

2)糀由来の食物繊維、オリゴ糖で便秘予防
米糀に由来する食物繊維やオリゴ糖も豊富で、腸内環境を整える効果があると言われています。
つまり、便秘の予防改に最適な食品のひとつということです。

3)「飲む点滴」と言われるほど栄養豊富な甘酒
「甘酒」には、体のエネルギー源となるブドウ糖を始め、必須アミノ酸やパントテン酸、ビタミンB1、B2、B6、ビオチミンなど必須ビタミン類が多く含まれています。ビタミンB群は、肌や爪、髪を健やかに保ったり、疲労回復にもかかわるとされ、ドリンク剤などにも配合されています。
江戸時代には夏バテ予防の栄養ドリンクとして飲まれていました。
中でもビタミンB6、ビオチミン(ビタミンH)は美しさに関わる成分としても知られているビタミンです。

食べ方・楽しみ方


【その1】そのまま食べたり、お湯、牛乳、豆乳で薄めてお好みのさつまいも甘酒として。
    ※目安は1:1です。
【その2】バターを塗ってトーストすれば、スイートポテト風に
【その3】冷凍するとシャーベットに

食の安全について


糀を作る糀室(こうじむろ)、糀蓋(こうじぶた)は、糀菌が良い環境で生育できるよう、常に清潔に管理しています。甘糀は、55℃前後で保温することによってでんぷん質がブドウ糖になります。よって湯煎により保温し、湯の温度を管理し、品温を55℃前後に保ちます。また、出来上がりの製品を糖度計を使用し、一定の糖度になるまで保温しています。

バリエーションも豊富


あま酒350g | 玄米あま酒250g | 雑穀あま酒250g
あま酒(ストレートタイプ)200g | あずき甘酒250g

賞味期限3ヶ月
※開封後は冷蔵庫に保存し、お早めにお召し上がりください。

※クール便での発送になりますので、ご注文いただいた後に正しい送料(送料+クール料金)を再度計算しご連絡させていただきます。
※クール便と常温便を一緒にご注文いただいた場合、それぞれに個別の送料が発生いたします。
※商品詳細につきましては下記フォームからお問い合わせください。
お問い合わせフォームはこちら
販売価格 432円(税込)
購入数

この商品を見た人はこちらの商品も見ています